このエントリーをはてなブックマークに追加

指導の特長 (小学生)

プロジェクターを利用した授業!

  • 数学のプリントを映写しているところです。
    なお、画像では教室が暗くなっていますが、
    実際は蛍光灯をつけたままでの映写が可能
    です。
 小高進学塾では「視覚に訴える授業」「アクティブラーニング型の授業」を実現
するため、プロジェクターを積極活用しています。

※プロジェクターの利点
 ①図やグラフが正確である 
 ②板書時間を削減することができ、その分を生徒の“考える時間”“解く時間”“音読
  する時間”“発表する時間”などに充てることが出来る 
 =アクティブラーニング型の授業

※アクティブラーニングとは 
 従来の「先生による講義中心の授業(=聞くこと中心の受動的な授業)」ではなく、
 「生徒が主体的に参加する授業(=能動的な授業)」のことです。近隣では長生高校
 が130周年記念事業としてプロジェクターなどを常設した「アクティブラーニング
 ルーム」を設置する予定です。また、千葉明徳高校では生徒全員がi-Padを使用して
 授業に参加しています。今後、アクティブラーニングは多くの学校教育に導入され
 ていくものと思われます。


算数は1週あたり120分の授業で演習量を確保!

算数(数学)は“分かる”と“出来る”に隔たりがある教科と言えます。授業を理解していても、実際に自分で解く練習をしなければできるようにはなりません。また、演習量の不足は計算力の低下を招くことにもなります。そこで、小高進学塾では小学生の算数は1週あたり120分の授業とし、演習量を確保するとともに、様々な計算プリントを通じて計算力アップに努めます。

※ゆとり教育からの転換に伴い学習内容は増加しましたが、土曜授業が復活していないため、小学校の現場ではそれに対する演習時間が十分に取れていないのが実情です。そのため、筆算を多用する、通分が苦手(最小公倍数がすぐに出てこない)、割り算が苦手、という生徒が目立ってきています。また、計算力が不足しているために、算数(数学)に対して苦手意識や嫌悪感を持ってしまう生徒も多いようです。小高進学塾では少しでもそのような苦手意識や嫌悪感を払拭してあげたいと思っています。


国語は説明文中心の授業で読解力と知識を身に付ける!

国語では、「わさびが寿司や刺身に添えられるわけ」や「正月に門松を飾るわけ」といった身の周りの理科の不思議や社会の仕組みを学びながら、楽しく読解力を養います。さらに、その日の学習内容にちなんだ調べ学習を宿題とすることで、幅広い知識の習得に努めます。また、漢字ドリルを毎週の宿題として当該学年と前学年内容の漢字を1年かけて習得していきます。習熟度の確認のため、毎回の授業にてチェックテストを実施します。


徹底した宿題管理!

せっかく授業を理解していても、問題演習を繰り返して自力で正答を導く力をつけなければ成績は上がりません。そこで、小高進学塾では宿題管理をしっかり行い、家庭学習の習慣づけを図っていきます。宿題は毎回の授業で回収し、途中式等を厳しくチェックします。また、宿題添削を通じてノートの作り方等も指導していきます。なお、毎回の授業で宿題記録帳に検印をしていきますので、ご家庭でも宿題状況をご確認していただけます。


がむしゃらノートで書いて覚える!

問題演習をするとき、計算練習をするとき、英単語や漢字を覚えるとき、そのよ
うなときに使うのが「がむしゃらノート」です。書く量を増やすことによって、暗
記効率や定着率を高めることが第1の目的です。
 ルールは以下の通りです。
 ①鉛筆ではなく、全てゲルインクのペンで書く。消しゴムは使わない。 
 ②罫線はあまり意識しなくて良い。曲がったり、はみ出したりしても構わない。 
 ③きれいな字で書く必要はない。書き殴りで構わない。 
 ④使い終わった「がむしゃらノート」とペンは捨てずに保管する。
 第2の目的は自分の勉強量を視覚的に確認できるようにすることです。受験前夜
に「がむしゃらノート」を積みあげてみれば、“これだけ勉強したのだから大丈夫”という自信がきっと湧いてくるはず
です。 
 中学3年生には「がむしゃらノート」とゲルインクの替え芯を無料で配布します。その他の学年は希望制です。

※ゲルインクのペンを使う理由はインクの減りが早く、“勉強した!”という実感が得られやすいためです。