幕張総合高校の前期選抜②と邪推

幕張総合高校の件、テレビでも取り上げられたようですね。

 

昨日のブログの繰り返しになりますが、部活動等を重視した選抜を行うことは「自己表現でA判定の者から総合的に判定する」と事前に公表されているので問題はありません。

 

問題は「A判定の生徒リストが事前に作られていたこと」です。報道によれば、実技についてはリスト外でもA判定になる可能性はあったようですが(人数的には微々たるものと思いますが)、口頭による自己表現を選択した受験生は、どんなにスピーチを頑張ったとしてもA判定の見込みは限りなく0に等しかったとのこと。

 

「幕張総合高校に入りたい」という受験生の気持ちを踏みにじる行為に憤りを感じます。

 

ただ、報道によるとA判定枠は130名だったそうですから、前期選抜の定員(432名)に対する割合は約30%なんですよね。前期定員の70%(302名)と後期選抜の288名分は学力重視の選抜を行っていた訳ですから、特別活動重視の枠の大きさはごく普通と言えると思います。(幕張総合高校を進学校と捉えるならばやや大きいかもしれません) だからと言ってこれが受験生への慰めにはならないかもしれませんが…

 

ここからは私の邪推です。何の根拠もないのであしからず。

 

現在の千葉県公立高校入試が抱える大きな課題が「いつ入試を一本化するか」ということです。中学校と高校側の意見(一本化が望ましい)と生徒・保護者の意見(複数回受験が望ましい)が真っ向から対立していて、議論は平行線のままです。

 

もしかすると、今回の一件は特色化選抜から続く「多種多様な評価方法」にピリオドを打つきっかけとなり、学力検査と内申点による従来型の入試(つまり入試の一本化)に向けて千葉県は大きく加速するかもしれません。

 

今後の入学者選抜方法等改善協議会に注目していこうと思います。

 

 

幕張総合高校の前期選抜

毎日新聞で幕張総合高校の前期選抜に関する記事が掲載されました。

 

ただ、若干論点がずれているところもあったので、情報を整理したいと思います。

 

新聞では「実技審査でA判定のものは、自己アピールで受験した生徒より学力検査結果が100点低くても合格している」点に言及していましたが…

 

それは事前に公表されていることです。不正でも何でもありません。

 

ちなみに幕張総合高校の前期選抜の合否判定方法は以下の通りです。(高校側で公表されているものを分かりやすく要約しました)

 

学力検査結果での順位が定員の上位20%以内、または自己表現結果がA判定の者について、学力検査結果と評定値との合計値や調査書記載事項を資料として総合的に判定する。残りは、学力検査結果と評定値との合計値や調査書記載事項を資料として総合的に判定する。

 

「総合的に判定する」とありますが、実際は学力検査が上位20%以内の生徒はほぼ合格と思われます。自己表現結果がA判定の生徒は、新聞報道によると、学力検査で250点(高校の授業についていくために必要な最低学力)をクリアしていれば合格だったようです。そして、まだ定員まで残りがある場合は学力検査結果と評定値の合計による順位表を参考に上位から合格者を決めていく、という流れです。

 

ですから、自己表現でのA判定者の学力検査結果が他の合格者より100点低くとも、これはルール通りなのですから特に問題はありません。

 

問題はA判定の生徒が事前に決まっていたことです。

 

幕張総合高校の自己表現は「実技」と「口頭」の2通りありますが、新聞報道によると「口頭」でのA判定者はほぼ0名、「実技」では、事前にリストを作りA判定者を入試前に決めていたとのことです。

 

受験の公平性と言う観点で言えば、同じ検査項目(自己表現)にもかかわらず、「実技」か「口頭」で大きな差が生まれ、なおかつそれは試験前に決まっているのですから大問題です。

 

ですが…

 

一部の進学校を除けば、多かれ少なかれどの県立高校でもやっているのではないでしょうか? 考えてみてください。たかだか数分、長くても数十分の実技披露で生徒の本当のスキルを見極められると思いますか? ましてやそれを点数化できると思いますか? 高校によっては自己表現には150点もの配点があります。生徒ごとに120点とか125点とか細かく採点しているとは思えないんですよね。ほとんどの生徒は一律の点で、一部の生徒(高校側でリストアップしていた生徒)には満点、なんて採点をしている気がしてなりません。

 

県教委からは「“受験生に疑問を持たれないよう選抜基準を分かりやすく示す必要がある”として、他の県立高校にも基準の透明性を確保するよう指導する。 」というコメントがありましたが、私からすれば「何をいまさら」です。(多くの塾関係者がそう思っているのではないでしょうか)

 

特色化選抜の時代(H15~H22)から、ずっと入試の公平性・透明性は問題点だったではありませんか。10年以上も仕事をしてこなかったのは他ならぬ県教委だと私は思います。

 

今回の一件で、千葉県の公立高校入試が良い方向に向かっていくことを願ってやみません。

 

あと、現在幕張総合高校に通っている生徒(特に部活動を頑張っている生徒)に偏見を持つことは止めて欲しいと思います。事前にリストアップされていたとはいえ、部活動等の特別活動で優れた実績を有し、なおかつ高校側で授業についてくるだけの学力があると判断されて合格した訳ですから、彼らは何も悪くありません。今回の問題点は「事前にリストができており、実技と口頭で採点差が生じていたこと」であり、悪いのは大人たちです。在校生には引け目を感じることなく残りの高校生活を楽しんでもらいたいと思います。

 

最後に細かい情報を。

 

①新聞報道では「校内からの批判もあり、自己表現でのA判定者の合格ラインを250点から265点に引き上げた」とありましたが、今年の前期選抜はおそらく平均点が40点ほど上がっていますからボーダーの15点アップは無意味です。

 

②数年前の幕張総合高校の合否判定方法は、「学力検査結果が上位、及び自己表現結果がA判定の者について、学力検査結果と評定値との合計値で…」というものでした。私、実はそのとき「“学力検査が上位で、かつ自己表現がA判定の者”はほとんどいないのでは? “及び”は間違いで“または”が正しいのではないか?」と高校に問い合わせているのです。高校の対応は「一切お答えできません!」「公表しているのが全てです!」と随分とけんか腰で不快な思いをした記憶があります。ちなみに翌年から「及び」は「または」に変わりましたけどね。

 

③特色化選抜の時代に生徒から「自己表現の時間にグループ分けをされたんだけど、どうみても上手い組とそうじゃない組なんだよね。顔見れば他校の生徒でも選抜チームとかクラブチームの子は有名だから分かっちゃうんだよね。」と言われたことがあります。つまり事前のリストアップはその当時からだった訳で…

 

 

茂原北陵高校の学校説明会に行ってきました

DSC03597

6月29日(水)に茂原北陵高校の塾対象学校説明会に行ってきました。

 

塾講師生活20年以上の私ですが、茂原北陵高校の中に入ったのは何と今日が初めてです。(過去問を入手するために事務室に行ったことはありますが) おそらく、塾対象の学校説明会は初の実施なのではないかと…

 

では、なぜ塾対象学校説明会が実施されたかというと、今年から茂原北陵高校では後期選抜を廃止することになったからです。そのPR(周知徹底)の一環だと思われます。

 

ということで、今年度の茂原北陵高校の入試日程ですが、以下のようになります。

普通科…単願推薦1月18日(水) 併願推薦1月17日(火) 一般入試1月18日(水)

普通科特進コース…単願推薦1月18日(水) 併願推薦1月18日(水) 一般入試1月18日(水)

家政科…単願推薦1月18日(水) 併願推薦1月17日(火) 一般入試1月18日(水)

 

ちなみに特進コースの併願推薦では、延納金(入学金の一部で50,000円)が必要ありません。この延納金は私立を押さえる上で避けられない出費となるのですが(公立に合格した場合は返金されません)、高校側でこういう制度を導入してくれると助かりますね。

 

さて、入試情報以外の学校説明についてですが、

①生徒の希望進路は、大学進学30%、専門学校40%、就職30%

②年3回実力テストとしてベネッセのスタディサポートを実施

③年5回の定期テスト毎に赤点補習(期間は2週間)

④8:35から10分間は朝読書

⑤1・2年生は週1回漢字テストを実施

⑥隔週月曜日に英語・数学の小テストを実施

⑦1年生の英文法ではチームティーチングを、数Ⅰでは習熟度別授業を導入

⑧「北陵ゼミ(特進クラス用)」「公務員ゼミ」「学び直しゼミ」などの多数のゼミを実施

などの学校情報や取り組みについてお伺いすることができました。なお、これらの取り組みはベネッセのスタディサポートのスコアに反映されつつあり、学力中位層の比率が徐々に高まってきているそうです。また、特進クラスでは現3年生11名中、6名がすでに英検2級に合格しているそうです。この時期に合格ということは、その取得時期は遅くとも今年の1月の英検ということですから、これは素晴らしい結果ですね。

 

説明会後は校内見学をさせていただきました。どのクラスでも集中して授業に取り組んでいたのが印象的でした。

 

DSC03598

写真は全面人工芝のサッカー場です。現在、顧問3名体制で部員70名超だそうです。

 

初めてということもあり、とても有意義な学校説明会でした。今後の進路指導に役立てていきたいと思います。

 

 

千葉黎明高校の学校説明会に参加しました

DSC03584

6月24日(金)に千葉黎明高校の学校説明会に参加してきました。昨年度に引き続き2回目の訪問です。(前回訪問時のブログはこちら)

 

今日は昨年度の進路状況と高校入試結果が説明の中心でした。

 

まずは進路状況から。

普通科卒業生261名の進路状況は、進学(短大・専門学校を含む)84.0%・進学希望(浪人)2.0%・民間就職12.0%・公務員就職1.5%・未定0.5%で、大学進学の状況は国立早慶上理GMARCHが18名・獨協・国学院等が5名・日東駒専が33名だったそうです。ちなみに、これらの大学については前年比243%の実績を出すことができたそうです。

 

たった1年で実績が2.4倍はすごいですね。「特進コース」「一般コース文理」「一般コース総合」の3コース編成が実を結びつつあるのだと思います。

 

次いで高校入試結果についてですが、

特進コース→受験者230名(前年比110%)・合格者168名・入学者58名(前年比116%)

一般コース→受験者604名(前年比110%)・合格者589名・入学者178名(前年比112%)

というものだったそうです。出口(進路状況)に合わせて入口(入試)の結果も上昇傾向ですね。「受験者の中でもトップ層(5科内申23~25)が多く入学してくれた」と学校関係者も嬉しそうでした。

 

あと、千葉黎明高校といえば、今年は野球部が活躍中ですね。春は県大会準優勝で関東大会に出場しています。「初の甲子園」なるでしょうか?

 

 

今年度の高校進学相談会

「長生・夷隅地区 中学生のための進学フェア」ですが、長生高校の教頭先生から日時を教えていただきました。8月27日(土)の10:00~15:00、場所は茂原樟陽高校とのことです。

 

これで、一度に複数の高校の説明を聞くことができるタイプの進学相談会の日時が全て判明したので、以下にまとめておきます。

 

山武地区進学相談会(高等学校校長協会主催)

7/31(日) 城西国際大学 10:00~15:00

 

首都圏進学フェア(NPO法人親子進学応援センター主催)

8/6(土)・7(日) 幕張メッセ 6日…10:00~16:00 7日…11:00~16:00

 

長生・夷隅 中学生のための進学フェア(高等学校校長協会主催)

8/27(土) 茂原樟陽高校 10:00~15:00

 

公立高校進学相談会(千葉学習塾協同組合主催)

9/25(日) 千葉市生涯学習センター 13:00~16:30

 

スクールフェア(千葉学習塾協同組合主催)

10/16(日) 幕張国際研修センター 13:00~16:30

 

いずれの相談会も事前予約は不要です。なお、スクールフェアは私立高校限定の相談会です。

 

 

高校入試説明会

6月2日(木)にテスト会社主催の高校入試説明会に出席してきました。

(記事の更新が遅くて申し訳ありません)

 

4月にも別のテスト会社による同様の説明会がありましたが、入試後約2ヵ月の実施だったので、データとしては全体的なもの、または速報版的なものでした。

 

しかし、今回は6月開催ですので、データも充実していました。公立高校前期選抜の2日目の詳細などの貴重な情報も入手することができました。

※公立高校前期選抜の2日目の検査内容は各高校により異なります。

 

今日いただいた資料に、7月中旬に公表になる入試データ(今年度の募集定員や、昨年度入試における中学校別の内申点など)を加えて、塾生用の入試データ集を作成していきます。「充実の進路情報」の看板に嘘偽りないものを作りますよ!

 

ところで、気になっていた千葉工業二次募集の件を質問してみました。これについては今日の講演者の方も疑問に思っていたらしく、県教委に問い合わせたとのこと。

 

返答は「前期選抜に合格して入学確約書を提出していた生徒の中で、保護者の転勤等の事情により入学確約書を撤回せざるを得なくなった者が2名出たのだが、撤回の時点で後期選抜の募集は終わっていたので二次募集となった」というものだったそうです。

 

おそらくそうだろうな、という結果ではありましたが、確約書撤回のタイミングまで同じ生徒が同一高校で複数名出たのはただの偶然でしょうか? あくまで私の推測ですが、この2名は木更津高専の学力入学検査に合格したのではないでしょうか? 今までならば千葉工業高校と木更津高専を併願する場合、木更津高専の学力検査が先に行われていたので、「木更津高専不合格のときは千葉工業高校の後期選抜に出願」という流れだったのですが、公立高校専門学科の前期一本化によりこの受験パターンができなくなったため、このような事態になってしまったのではないかと思います。

 

以前のブログでも書きましたが、前期募集枠100%の学科において、これを解決する方法は「定員を若干名上回る合格者を出すこと」です。昨年度入試では、定員と合格者を同数とする高校も見受けられましたが、今年からはどの高校でも合格者を定員より増やすものと思います。

 

 

平成28年度 公立高校入試結果

県教委から平成28年度の公立高校入試結果が発表になりました。

無題1

理科の平均点が10点以上も前後期ともに下がっていますが、合計点はほぼ例年通りの結果でした。

 

そして、過去のブログでも書きましたが、国語と数学の出題バランスの悪さも例年通りでした。

過去のブログ①(数学について)

過去のブログ②(国語について)

無題2

 

上のグラフは前期選抜における教科ごとの得点分布ですが、国語と数学は1極集中になっていることが分かると思います。また、数学では80点以上の高得点者の割合が、他教科に比べて著しく低くなっています。正解率10%未満の問題が今年も25点分ありましたから、当然と言えば当然の結果なのですが… ところで、正答率1.0%の問題と97.8%の問題が同じ配点(5点)なのはおかしいと思いませんか? 難易度のバランスを取るのが難しいのならば、せめて配点だけでも工夫してもらいたいところです。

 

ということで、この傾向が今後も続くのであれば、

国語→とにかく問題数が多いので、読むスピードと時間配分を身につけることが重要です。また、「作文が書けなかった」ということがないように(配点12点のため、白紙はダメージ大)、日頃から新聞等を通じて身近な話題に触れ、自分の意見を言えるようにしておくことも必要です。

数学→志望校にもよりますが、基本的には「攻める」(高得点を狙う)よりも、「守る」(ミスをしない)点の取り方が重要です。基本小問での取りこぼしをしないよう、基本パターンの徹底演習が必要です。

 

英語・理科・社会は得点分布が広くなっています。つまり、得意・不得意が点数に表れるということです。したがって、「国語と数学は大きなミスをしないことを目標とし、残りの3教科で勝負」というのが最近の千葉県公立高校入試の必勝パターンです。

 

 

現中3生の後期選抜

4月27日(水)にテスト会社主催の高校入試説明会に参加してきました。

 

話の内容は「前期選抜受験者は39,578名で昨年度より268名増加し…」といった総括的なことで、ここで書くような個々の事例はありませんでしたが、現中3生の後期選抜日程についての注意点を教えていただきました。

 

昨年(現高1)の後期選抜

出願:2/22(月)と23(火) ※23(火)の受付は正午まで

新聞での倍率発表:2/24(水)

志願変更:2/24(水)と25(木)

 

今年(現中3)の後期選抜

出願:2/23(木) ※受付は16:30まで?

新聞での倍率発表:2/24(金)の朝刊は無理?

志願変更:2/24(金)と27(月)

 

ポイントを太斜字で表しましたが、今までは出願2日目の締切が正午だったため、「集計→報道機関への告知→翌日朝刊での倍率発表」が可能だったのですが、今年は出願が1日しかなく、そうなると締切は16:30までであろうから翌日朝刊での倍率発表が難しくなり、志願変更の1日目が意味をなさなくなる可能性がある、というものです。

 

県教委に確認したところ詳細は未定とのことで、テスト会社は、倍率は県教委のホームページにて発表ということもありえると推測していました。

 

昨年度の前期選抜出願2日目の締め切りは16:00までだったのですが、問題なく翌日朝刊にて倍率が出ていたはずなので、今年の後期出願が16:30まででも特に問題なさそうですが、確かにちょっと気になる話でした。

 

 

千葉学習塾協同組合の外房支部会に参加してきました

無題

3月18日(金)に千葉学習塾協同組合の外房支部会に参加してきました。

 

まずは、先月の支部会と同様に入試情報の交換です。今月の支部会では自己採点結果だけでなく、開示情報の情報交換もありましたので、より正確な入試データが入手できました。

 

開示情報というのは、実際の入試点数のことです。千葉県公立高入試では、受験票を持参して受験高校の事務室に行けば、5教科の点数と調査書の開示を受けることができます。残念ながら、前期選抜2日目(自己表現等)の結果は開示されませんが、調査書はコピー代を支払えばコピーしてもらえます。(保護者の方が開示を受ける場合は受験票の他に受験生との続柄を証明するものが必要になります)

 

今後の進路指導に役立てていきたいと思います。

 

入試情報交換の後は、LED電灯のことやホームページのことなど、塾運営に関する情報交換もしてきました。小高進学塾の蛍光灯は規格が古く、切れたら機材ごと交換しようと思っていたので、とても参考になる話を聞くことができました。

 

 

二次募集

今年の公立高校の二次募集で気になることがあります。

 

(後期選抜の問題や合否発表については、特にトピックスもなかったのでブログは書きませんでした)

 

千葉工業高校は今年から前期募集枠100%になった専門学科の高校です。前期選抜にて定員数と同数の合格者を出し、無事全員から入学確約書が提出されました。したがって後期選抜は実施されなかったのですが、何と二次募集を実施しているのです。情報技術科と理数工学科で各1名の募集があったのですが、一体何があったのでしょう?

 

ちなみに、前期選抜にて定員数を上回る合格者を出しておけば避けられた事態だと思われます。今年は高校によって対応が割れましたが、おそらく来年度からは合格者を若干名多く出す高校が増えるのではないでしょうか。(前期選抜募集枠が100%の専門学科に限った話です)

 

それから、外房地域で二次募集が多いのも気がかりです。茂原樟陽高校2名、大多喜高校11名、大原高校57名(!)の二次募集がありました。やっぱり子どもが減っているんですね… 現状、県としては「活力ある教育活動を展開するためには一定限の学級規模(4クラス160名)が必要である」という立場ですので、二次募集が続くようだと大多喜高校と大原高校は統合の可能性が出てくるかもしれませんね。大網地域でも、九十九里高校はここ数年定員ぎりぎりの入試が続いているので心配です。(九十九里高校はすでに例外的に3クラス規模での学校運営となっています)